こんにちは杉下です。
この記事では、商品機能の重要性と設定方法について解説します。

最近「Googleマイビジネス」や「MEO」という言葉をよく耳にするようになりました。
お店をやっているとMEO業者からの営業電話がかなり多いみたいですね。

Googleマイビジネスに力を入れている店舗・業種も増えて来ていますし、
あなたも1ユーザーとしてお店の予約をしたり経路案内を見たりと活用されているかもしれません。

1年前と比べてもGoogleマイビジネスの市場がかなり大きくなっているので、
店舗側の方からするとうまく活用して1人でも多くの集客につなげたいですよね。

そのためには、
今回紹介する「商品」機能が肝になります。
競合他社が対策する前に、追いつくためにぜひご活用ください。

商品機能とはこれです

商品機能を設定すると、
あなたの商品やサービスが強調されて表示されます。

「ホームページ制作」をクリックすると以下のような画面が表示されます。

上から商品名、商品説明、そして重要なのが「詳細ボタン」です。

この詳細ボタンを押すと、任意のページに遷移されます。
なので例えば商品の詳細ページに遷移させたら、お客様は商品について詳しく知ることができ、
そのままお問い合わせまたは購入までできるようになるのです。

つまり、商品機能を使うことでお客様の興味をひきつけて、
Googleマイビジネスからお問い合わせにつなげることができるのです。

 

商品機能の活用事例

事例1:焼き肉屋

コース料理を商品に登録しています。

各コースをクリックして詳細にはりますと、
食べログのコース予約画面に遷移されます。
サービス内容が気に入ったらそのまま予約ができるようになっています。

いままでは食べログやぐるなびなどの
ポータルサイトからお店を選ぶことがほとんどでしたが、
この常識が代わりつつあります。

もう一つの集客の軸として
Googleマイビジネスと活用してみてはいかがでしょうか。

松庵様のGoogleマイビジネスを見る

※弊社の顧客様ではありません

事例2:美容院

カラー・カット・店販の商品サービスを載せているのに合わせて、
スタッフ紹介としても活用されているのですがこれがとても秀逸です。

Googleマイビジネスを見ているお客様は、
基本的に新規のお客様です。

「どんなスタイリストが対応してくれるのか?」
というのは新規のお客様の知りたい情報の中でもトップクラスですよね。

自分が好きなスタイルを得意としているスタイリストさんがいたら
お願いしたくなると思います。

このように、人が商品の場合も商品機能は活用できるのです。

弁護士さんや会計士さんなど士業の方も、
設定されると良いかもしれないですね。

ASH 池袋店さんのGoogleマイビジネスを見る

※弊社の顧客様ではありません

事例3:レンタルスタジオ

レンタルスタジオの商品はスタジオなので一見スタジオが並んでいるだけのように見えますが、
実は利用人数でカテゴリー分けがされています。

先程の美容院同様、新規でスタジオをレンタル希望のお客様は、
「利用したい人数で使えるスタジオがあるか?」を一番知りたいはずです。

なければ他店で探しますし、あればそこではじめて価格をみます。

なのでまず人数ごとに分けてスタジオを紹介しています。
お客様の気持ちを理解して設定するからこそ、
結果的にお問い合わせにも繋がりやすくなるはずです。

リフレクトスタジオ今池EAST店様のGoogleマイビジネスを見る

お問い合わせにつながる商品設定のコツは、新規のお客様は何を知りたいのかを考えることがポイントです。

商品機能の設定方法

設定方法は動画で詳しく説明していますのでこちらを参考にしてください。

※設定方法に説明からはじまります

Googleマイビジネス、いまがラストチャンス

4年ほど前から次はGoogleマイビジネスが来る!と言われ続けていますが、
ここ1年くらいがラストチャンスだと思います。

実は2020年2月にNTTタウンページという会社が、
Googleマイビジネスの登録代行、運用代行をはじめました。

ターゲットが大手かと思いきやそんなこともなく、
月額3000円ほどのサービスなので個人店でも手を出せる範囲です。

さらにいま広告をバンバン出して宣伝をしていますので、
Googleマイビジネスを活用するお店が一気に増えることが予想されます。

もしかするとあなたの競合も広告を見て、
Googleマイビジネスに力を入れ始めているかもしれません。

業界によってはまだ先行者利益を得ることができるので、
まだやっていない方はすぐにはじめてください。

飲食店や美容院など、
Googleマイビジネスやってて当たり前になっている業界もあります。
ただほとんどが検索順位を上げることだけにフォーカスした、
小手先チックな設定しかされていないように見受けられます。

せっかく多くのユーザーに見てもらいやすいツールなのに
中身が薄いのはもったいないです。

なので今回ご紹介した「商品」のように、
お客様が求める情報なんなのか?を理解した上で
Googleマイビジネスを活用してみてください。

結果的に検索順位にも好影響があるはずです。

まとめ

商品機能は、
あなたのGoogleマイビジネスパワーアップさせ、
競合とも差をつけられることができます。

まずは新規のお客様が何を知りたがっているのかを把握して、
それをGoogleマイビジネスに落とし込んでください。

Googleマイビジネスもあくまでも集客手段。
目的が順位をあげることにならないように運用してくださいね。

 

PS

Googleマイビジネスは誰でも無料で簡単に運用ができるツールです。
にもかかわらず、詐欺まがいな代行サービスをしている会社もあるようです。
ゴリゴリな電話営業や飛び込み営業にはご注意ください!

PPS

エッコではYou Tubeで情報発信をしています。
現場で起きているリアルな集客事例や成功したノウハウを元に、
中小企業の方が正しい地域を身につけて売上を伸ばしていけるような情報発信をしていきます。
ぜひ、チャンネル登録をよろしくお願いいたします!
チャンネル登録はこちら