初期費用5万円

広告運用手数料20%

機械的ではない
リスティング運用

打ち合わせで効果検証

打ち合わせで効果検証

エッコのリスティングは、無駄がなく、効果の高い運用が特徴です。運用の開始前のキーワード選定の際には、綿密に打ち合わせを行い、細かくターゲティングをします。リスティング広告では、男女比率、年齢、世帯年収などさまざまな条件を設定でき、深いところまでターゲティングできるので、無駄がなく、効果的な集客を行うことができます。
運用期間中は毎月レポートを提出し、現在の状況をご説明します。都度、効果検証を行なった上でABテストを繰り返しながら、広告の精度を高めていきます。こうした密な打ち合わせで、クライアントが望む広告運用が可能となります。

最新のGoogle広告

最新のGoogle広告

Google広告は、定期的に新しい広告手段が登場します。新しい広告手段は効果が高いものが多く、最新の情報を入手し、上手に活用することで高い広告効果が得られるケースが多々あります。しかし、こうした最新の広告手段は、クライアントとの密な連携を必要とするものが多く、そうした体制が整っていない会社や大手のリスティング会社は、あまり活用したがりません。その中でエッコでは、クライアントとの距離の近さを活かし、しっかりと活用していくことで高い効果を挙げています。

機械的ではないアナログ運用

機械的ではないアナログ運用

近年、広告の出稿はAIやロボットを使って運用していく代行会社が目立ってきています。大手の会社や専門の広告代行会社は、そうした傾向が強いのですが、私たちは決してそれが正解ではないと考えています。クライアントと打ち合わせを重ね、現場の意見を取り入れながら、エンドユーザーが何を求めているかを考え抜き、ABテストなどPDCAを細かく見ながら試行錯誤を繰り返していく。そうした、いわばアナログ的な手法が最も効果的であると、これまでの長い経験を通して体感しています。

費用対効果
シュミレーション

広告費
売上
= お問い合わせ数・販売数
CPA :
販促率:
合格

費用対効果:
文句なしです!

リスティング広告の十分な効果を得られています。売り上げを拡大させるために、このままさらに費用をかけても問題ないでしょう。
その際には、キーワードボリュームで市場規模の限界を考慮する必要があります。
また、ターゲティングの細分化により、さらにCPAを低くすることも可能です。

合格

費用対効果:
要注意

現在のリスティングにおける、利益に対する費用対効果はそれほど高くありません。
現在のキーワードが適切なのかどうか、ターゲティングは細かなところまで十分にできているかなど、見直す必要がありそうです。また、潜在ニーズのキーワードでも出稿していくことでCPAを高めることができる可能性があります。

合格

費用対効果:
危険

現在のリスティングの効果は、ほとんどないと言っていいでしょう。基本となるキーワード選定やターゲティングが、正しくできていないことが考えられます。このままでは、不要な支出が増えるばかりです
早急に正しい知識を持ったプロに相談することをおすすめします。

初めての方にオススメ 成果報酬型プラン

SEOは不安、リスクがなくSEO対策をしたい方にオススメ致します。

more
初めての方にオススメ 成果報酬型プラン

即効性を求めるならリスティング広告

SEOで順位を上げてアクセスを増やすのには時間がかかります。
今すぐにアクセスを増やし集客したい方はリスティング広告をオススメ致します。

more
即効性を求めるならリスティング広告

売上・お問い合わせを増やしたい方にオススメ
Webコンサルプラン

アクセスUPだけではなく、成約・売上に関わるプランです。ECサイトや全国展開のサイトにオススメです。

more
売上・お問い合わせを増やしたい方にオススメWebコンサルプラン